北海道の夏を満喫する旅ブログ

夏の北海道をこよなく愛する放浪系バイク乗りの「北海道オススメスポット集」

【国内最大のアンモナイト展示】三笠市立博物館で太古のロマンに触れる

f:id:sasu-rider:20170626105413j:plain

国内最大のアンモナイト展示

札幌から車やバイク1時間の、かつて炭鉱で栄えた三笠市。その一角に国内最大のアンモナイト展示場を有する「三笠市立博物館」はあります。現代では「化石のまち」と呼ばれる三笠市を象徴する博物館で「化石の博物館」とも呼ばれています。

ここの目玉は、何と言っても国内最大のアンモナイトの化石コレクションの数々!展示場を埋め尽くす、圧倒的なアンモナイトの物量は一見の価値があります。

それもそのはず、実はアンモナイトの化石は、国内では北海道から最も多く発見されているのです。


通常、自然系の博物館で、アンモナイトの展示というと、こじんまりしたイメージがありますが、ここはアンモナイトがメインです。中でも圧巻なのは、直径が2.5mもある、世界最大のアンモナイトの実物大のレプリカです!

こんな巨大な生物が存在していたと思うと、太古のロマンを感じざるにはいられません。

f:id:sasu-rider:20170626105415j:plain

f:id:sasu-rider:20170626105416j:plain

 

 

アンモナイトの化石は触ってOK

大小様々なアンモナイトの化石が、所狭しと展示されている三笠市立博物館ですが「触らないでください」と掲示してある、一部の展示物を除けば、自由に触ることができます!

これだけの数の展示物に、自由に触れられる博物館はなかなかないと思います。この際片っ端からアンモナイトにお触りしておきましょう(笑)もちろん写真撮影も可能です(三脚は禁止)

ちなみにアンモナイトは、実はイカやタコの仲間だって知っていましたか?もちろん諸説はありますが、なんだか不思議ですよね。 

f:id:sasu-rider:20170626105414j:plain

 

 

アンモナイト以外も充実

ついついアンモナイトばかりに目が行ってしまいますが、他にも見所は沢山あります。アメリカで発見された、ティラノサウルスのような大型の肉食恐竜「アロサウルス」や、三笠市で発見された国の天然記念物「エゾミカサリュウ」は必見です。

他にも、北海道の開拓の歴史や、かつて炭鉱の町だった三笠市の炭鉱に関する暮らしの展示、アンモナイトや恐竜に関する映像が観れるコーナーなどがあります。

もちろん物販コーナーもあるので、旅の思い出に記念品を買うのもいいですね!

f:id:sasu-rider:20170626105417j:plain

f:id:sasu-rider:20170626113228j:plain

 

 

太古のロマンに想いを馳せる

三笠市立博物館は見応え十分なので、心ゆくまで展示物をじっくり堪能することができます。また、多くの展示物は実際に触れることができるので、五感を感じて太古のロマンに想いを馳せることができます。

入館料も450円と非常に良心的なので、北海道の大自然を味わいながら、太古のロマンも味わう旅はいかがでしょうか?

三笠市立博物館
住所:〒068-2111 北海道三笠市幾春別錦町1丁目212−1
電話番号:01267-6-7545
営業時間:9:00~17:00
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は平日)
入館料:450円
公式HP:三笠市立博物館 

 

このブログを書いているひと

日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。歩きや電車の旅も大好きな無類の旅好きで「何時でも好きな時に旅に出るライフスタイルを目指し、日々活動しています。

引きこもりの僕が、バイクを通じて旅に目覚めた話はコチラ

 

何時でも好きな時に旅に出る方法とは?

何時でも好きな時に旅に出るために、僕が実践している方法を、メルマガにてお伝えしています。どちらも無料ですので、お気軽にどうぞ!

旅が大好きな方のメルマガはこち
➡︎ 自由気ままな旅に出るメルマガ

旅好きライダー向けのメルマガはこち
➡︎ バイクで旅するメルマガ