北海道の夏を満喫する旅ブログ

夏の北海道をこよなく愛する放浪系バイク乗りの「北海道オススメスポット集」

【美肌の湯のモール泉】美しい村「鶴居村」のホテルTAITOの温泉と無料キャンプ場

f:id:sasu-rider:20170522104659j:plain

鶴居村にあるモール泉の温泉ホテル

日本で最も美しい村の一つ「鶴居村」にある、モール泉の温泉が楽しめるホテルが「ホテルTAITO」です。

鶴居村は日本最大の湿原「釧路湿原」沿いにある、文字通り鶴が訪れることで有名な、まるで絵葉書のような風景が続く、いかにも北海道らしい場所です。僕はバイクで走っていると、気分が高揚しすぎて、奇声を発しています(笑)


その鶴居村にある温泉ホテルが「ホテルTAITO」、プロの写真家でもある、和田正宏さんがオーナーを務めるオシャレなホテルです。


このTAITOの温泉が、美肌の湯として最近人気の、モール泉の温泉です。モール泉とは植物由来の有機物が溶け込んだ温泉で、アルカリ性が非常に強いことが特徴です。

utsukushii-mura.jp 

f:id:sasu-rider:20170522104703j:plain

f:id:sasu-rider:20170522104702j:plain

 

 

リーズナブルな料金で極上の温泉体験

内湯と露天風呂で、モール泉がたっぷりと味わえるTAITOの温泉は、日帰り入浴がたった500円です!肌触りがとてもよく、思わず長湯してしまいます。設備も整っていて綺麗、さらには入浴後の休憩室も広くて快適です。

僕は、温泉に入って休憩室で寝て、また入るを繰り返しました(笑)この温泉が500円で体験できるなんて、これぞ北海道の温泉の醍醐味だ!と叫びたくなります。

因みに、お土産でTAITOの入浴剤が売っているのですが、まるで家のお風呂が温泉になった錯覚を覚えるほどオススメの商品です。

f:id:sasu-rider:20170522104700j:plain

 

ホテルのご飯も美味しい!

TAITOは宿泊しなくても、温泉の他にレストランで、地元の食材を中心とした豊富なメニューが楽しめます(カフェも可能)

温泉と食事のセットプランもあるので、せっかく行くなら食事も楽しみましょう。

オシャレなホテルの開放的なレストランで、モール泉を味わった後の美味しい食事、思い出しただけで僕はニヤケます。料理の写真はちょっと心配しましたけど、、、、

f:id:sasu-rider:20170522104701j:plain

 

 

ホテルに泊まれなくても、無料キャンプ場がある! 

大切な事を言い忘れていましたが、僕はTAITOには泊まっていません(笑)あくまで温泉と食事の日帰りで利用しました。もちろん、宿泊しても絶対にいい場所だと、宿泊していない身でも断言します(泊まりたいです)

しかし、僕のように貧乏旅行が好きな旅人にオススメなのは「鶴居キャンプ場」です。


鶴居キャンプ場は、鶴居村の市街地に位置する「無料キャンプ場」です。ちなみにTAITOは徒歩で行ける範囲です、コンビニやスーパー、飲食店も近くにあります。

非常に広いキャンプ場で、釧路湿原という人気スポットの立地もあるので、毎年夏はテントの団地ができる程に賑わっています。夏はここに住んじゃってる人もいます(そういう世界が北海道にはあります)

 

つまり、日帰りとはいえ、ゆっくりTAITOの温泉を満喫したい方は、鶴居キャンプ場でキャンプするのがベストです。

このように北海道には、無料キャンプ場+至近距離に温泉という立地が、他にも数多くありますが、これを僕は「北海道宿泊ゴールデンパターン」と勝手に命名してます。僕はこれを探すプロを自認しています。

f:id:sasu-rider:20170522120421j:plain


ホテルTAITO
住所:〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1丁目5
電話番号:0154-64-3111
日帰り入浴:500円(11:00〜22:00)
公式HP:ホテルTAITO

鶴居キャンプ場
住所: 〒085-1201 北海道阿寒郡鶴居村鶴居北1丁目21
電話番号:0154-64-2050
キャンプ料金:無料(車両乗り入れ可)
公式ホームページ:なし(ググれば情報多数)

 

このブログを書いているひと

毎年夏、北海道をバイクで放浪する、旅系ライダーです。
「旅をしながら仕事ができる」理想の生活を目指し、日々奮闘しております。

引きこもりの僕が、バイクを通じて旅に目覚めた話はコチラ

 

旅をしながら仕事をする方法

どうやって旅をしながら仕事ができるのか?僕が実践している「仕事の仕組み作り」の構築法を、無料メルマガにて解説しています。

メルマガの登録はここから簡単にできます
→ メールマガジン登録はこちら

Facebookのフォローもコチラからお気軽に(^ ^)